2008年09月09日

シャネル 財布 知っておきたい素材紹介

シャネル 財布 」で多く使われているのは、
レザー 」です。

カーフ(仔牛の革)とラムスキン(子羊の革)が大半を占めます。


他に財布によく使われる素材として、
爬虫類(ワニ、リザード)があり、
数は少ないですが、一部使われています。


特にクロコ型押しは人気の型ですよね?!


人気の財布はキャビアスキンを使用したラインと、
カンボンラインです。


キャビアスキンとは、
文字通り食べ物のキャビアのような
粒状の型押しカーフレザーを使用した素材で、
独特の質感が高級感を醸し出しています。


また、傷(キズ)が目立ちにくいのが特徴です。
折角CHANEL(ブランド)の財布を購入するなら、
長く使いたい!という方向けでしょう。


カンボンラインは、
キルティング加工と大きめのCCマークが特徴です。


大きめと言っても、
財布全体の3分の1程度を占めるほど大きいのが特徴です。


また、ブランドロゴが大きいと、
ものによっては、下品な印象が出てしまう場合もありますが、
シャネルの場合、
どちらかというと、
かわいい感じに仕上がっています。


キルティングはもともとカジュアルなディテールですが、
シャネルの財布においては、
高級感をさらに高めているから不思議です。


形は長財布から折り財布までさまざまで、
使い勝手に合わせて選ぶことができます。


また、カラーバリエーションが多いのも魅力です。


黒や白の定番カラーの他、
ピンクやベビーブルーといった色も大変人気があるようです。
posted by シャネラー at 23:53 | Comment(0) | シャネル 財布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。